COACHING

コーチング

コーチングの現状(米国と日本)

コーチング 6. コーチングの現状(米国と日本)

コーチング先進国米国でのコーチの領域
コーチングの現状 - 米国 -
  • タイガー・ウッズやドナルド・トランプまで偉大な成功者も個人コーチを雇う時代
  • 次代の経営者育成のためのサクセッション・プランのために導入(GEのジャック・ウェルチの例)
  • 企業社会において需要がある(対象例)
    • リーダー育成(エグゼクティブ・コーチング)
    • 部下管理能力育成、ファシリテーション能力
    • 性格改善、自身向上、スピーチ能力
    • コミュニケーション能力、対人能力向上
    • キャリアアップ、表情や動作を含む外見
コーチング発展途上国日本でのコーチの領域
コーチングの現状 - 日本 -
  • 企業のエグゼクティブ・コーチングに対する認識は浅い⇒自己開示の必要なコーチングに抵抗?
  • 次世代の経営者育成のためのサクセッション・プランという考え方が定着していない。(年功序列から抜け切らない)
  • 企業社会・個人においての需要
    • <企業社会における需要>
    • リーダー育成=エグゼクティブ・コーチングの現在視点における活用
    • 部下管理能力育成=マネージャー研修的、MBO面談技術向上
    • 営業能力強化(コンサルテーション能力との併用)
    • <個人における需要>
    • コミュニケーション能力、対人能力、ファシリテーション能力
    • 自分にゴールビジョンを描き、達成のアクションプラン作成と行動実践
    • キャリアアップ、表情や動作を含む外見、自己実現へのサポートとして