COACHING

コーチング

コーチングの概説

コーチング 1. コーチングの概説

コーチングは米国トップ企業で必須の人材サポートシステム
  • コーチの語源は、主として18世紀頃に使用された公式馬車のことで、大切な人をある所まで運ぶという趣旨から派生して現在の意味になった。
  • 今日アメリカでは、スポーツのコーチを意味すると共に、広くビジネスやパーソナルに活用される「個人をエンパワーする手法」を意味するようになった。

■ コーチングはフォーチュン500の会社でも導入が進む。

コーチングは、自己実現へのサポートシステム
  • 個人の価値を見い出す作業をする。(自己を知る)
  • あらゆる可能性の視点を持つ、あるいは創り出す。(計画)
  • 個人の自己実現をはかるための行動を起こさせる。(決意と継続)
  • 個人の人生目標を達成させる。(自分らしいあり方の実現)
コーチは誰もが持つ能力と可能性を引き出す
  • 個人の能力を最大限に引き出し、自発的な行動を促進するためのコミュニケーションの技術。(本来ある「らしさ」を引き出す)
  • クライアントが実現したいと願うゴールを明確にし、可能な限り短期間で達成できるようにサポートする。
  • その過程でアクションプランを練り、障害を明確にし協働体制を作るプロセスがある。